前向きにアレンジ|自毛になじむフルウィッグで|ナチュラルな雰囲気がしっくりくる

自毛になじむフルウィッグで|ナチュラルな雰囲気がしっくりくる

女の人

前向きにアレンジ

女の人

自分に合ったものを

抗がん剤の種類によっては、投与のち約2週間ほどで脱毛が始まります。ただでさえガンと戦わないとならないのに、この避けられない脱毛は女性にとって耐え難い副作用です。出来るだけまだ毛がある時期(治療前)にウィッグを購入する事をお勧めします。治療が始まると他の副作用で外出しにくくなる事もあります。そして、気分的に、出来るだけ明るくなる逆に若返るぐらいの医療用ウィッグを選ぶと気持ちが楽になります。今までボリュームがなくて出来なかったショートに挑戦してみてもいいかもしれません。そんな気分になれない、という事もあります。でも、逆にこの際今まで出来なかった事をしてみるんだ、ぐらいの気持ちになった方が吹っ切れるかもしれません。2週間ぐらいして毛が抜け始めてから、毛を短めにカットします。医療用のウィッグ専門店では、個室もあり、シャンプーカット等、ウィッグの装着練習も出来ます。

簡易型もある

治療が終わり毛が完全に生えそろうまで約1年かかります。そのため医療用としてのフルウィッグは欠かせないものですが、近くのスーパーなどのちょっとした所へ赴くのにいちいち完璧に装着するのは面倒です。その代替として、簡易型のウィッグ(帽子インナーウィッグ)があります。布に髪が装着しており、その上から帽子をかぶって固定します。今はやりの色々な色のベレー帽でアレンジすると少しはおしゃれの気分も味わえるかもしれません。医療用ウィッグは残念ながら医療控除が受けられません。高いものだと10万以上するので、抗がん剤治療中にはかなりの出費になります。その点、この簡易型だと、値段も1万円台からあり季節ごとに、ミディアム、ロング、ショートと揃えてもそれほどかからないので、それで少しでも気持ちが明るくなるのでしたら、使い勝手も良いのではないかと考えます。